水素水は体が活性酸素を多く発生するときに飲む

水素水をいつ飲んだら一番効果的かというと、人によっても若干違いますが、簡単に言えば、体内の活性酸素が多く発生するときに飲むのが一番効果的です。

 

具体的に言うと、スポーツで体が疲れたときや、海水浴などで、日中、紫外線をいっぱい浴びてしまったとき、お酒を飲んだときやタバコを吸ったときなどです。

 

最近ではスポーツクラブにも水素水サーバーが置かれているのをよく目にします。体を鍛えるときは活性酸素がふだんよく多く発生し、体を疲れさせます。なので、水素水を飲みながら運動をすると、体の疲れを軽減させることができると言われています。

 

余談ですが、スポーツクラブで自分が持ってきたペットボトルに水素水を詰めて飲んでいる方がいますが、ペットボトルではすぐに水素が抜けてしまうため、すぐに飲まなければ効果がなくなってしまいます。

 

年配の方で、大きなペットボトルに入れて持ち帰る方をよく見かけますが、家に帰ったときはほぼ水素水は抜けている状態です。

 

水素水を水素水サーバーから別の容器に移すときは水素水専用の真空保存容器を使いましょう。楽天でも売られています。

 

水素水を1週間保存できる真空バッグ 水素水バッグ

 

私は毎日晩酌をするので、夜、就寝前に飲みます。一日の疲れがひどいときや、便秘がちな方も就寝前に飲むと効果的だと言われていますが、夜中にトイレに起きてしまうということあるので、就寝前に飲む場合は量を控えたほうがいいかもしれません。

 

水素水はいくら飲んでも飲み過ぎるということはない

 

水素水を飲むと、体内の悪玉活性酸素と水素が結びついて水に還元しますが、体内に悪玉活性酸素がない場合、余分にとってしまった水素は気体の水素ガスの状態で、呼気から排出されていきます。

 

体に水素がたまってしまうんじゃ・・・という心配は全く無用です。水素水は体に副作用などがないことも大きな特徴なのです。

 

ただ、いくら飲んでもいいと言われても、水素水もタダではないので、ある程度の目安がほしいもの。その人の生活習慣や年齢など、活性酸素の発生量が人によって違うので一概には言えませんが、一日に飲む量としては、大体少なくて150ml、多くても500mlぐらいが適量かと思われます。

 

パウチ型の水素水には、250mlや300ml、500mlのものなど、量もさまざまなタイプが売られています。

 

一度封を開けると水素が徐々に抜けてしまうので、体の疲れる状況、飲酒量、喫煙の有無などなどを考慮して、自分の活性酸素発生量は人よりも多そうだなと思えば、少し多めのものを選ぶようにするといいでしょう。

 

水素水は最低でも3カ月は続けてほしい

 

水素水を飲み始めて効果を感じるのは、大体2〜3カ月経過してからだと言われています。

 

さきに述べたとおり、私は飲酒量が多いので、水素水を飲んで割とすぐに効果が実感できました。例えば、朝、かなり楽に起きられるようになったことです。

 

私のようにすぐに効果を感じる方もいれば、何カ月か経過してから感じ始めたという方も多いです。これは細胞の生まれ変わりに起因しているようです。

 

人間の細胞は3カ月で入れ替わるので、水素水を飲み続けることによって元気なミトコンドリアを持った細胞に生まれ変わるため、活性酸素を発生しにくくなるからだと考えられます。

 

人によって差はありますが、水素水を飲み続けることで何らかの体の変化に気づくかと思います。1週間飲んでも何も変わらなかったからといって、すぐにやめたりせず、最低でも3カ月は続けてみてください。

 

 

おすすめのパウチ型水素水はこちら⇒水素水おすすめランキング


手頃に効率よく水素を摂取するなら、アルミパウチ型の水素水がおすすめ。

こちらでは信頼のおけるメーカーから販売されている、0.1ppm以上の高濃度水素水をランキングでご紹介しています。

味もおいしくて飲みやすいものを厳選しているので、ぜひ参考にしてください!

水素水おすすめランキング

関連ページ

水素水とは
そもそも水素水ってどんな水?なぜこんなに注目を集めているのか、どんな効果があるの?と疑問をお持ちの方に、水素水とは何かをわかりやすく説明しています。
水素水商品比較
一般的に市販されている水素水には幾つかのタイプがあります。それぞれの特徴やメリット・デメリットについてご紹介します。