水素水の種類と特徴について

水素水には大きく分けて、3つの形態があります。

 

1つは、キャップを開ければすぐに飲める高濃度の水素水が飲めるアルミ缶・アルミパウチ型、2つ目がペットボトルなどの容器の中にスティックを入れて水素水を作るスティック型、3つ目が家庭で水素水を生成することができる水素水サーバーです。

 

どの種類もそれぞれ特徴やメリット・デメリットがあります。コスパ、水素濃度、手軽さなどを比較してみましたので、水素水選びの参考にしてください。

 

アルミ缶・アルミパウチ型の水素水

これはメーカーの工場で浄水に水素ガスを充填して、水素が比較的抜けにくいアルミ缶やアルミパウチに詰めたものです。

 

こちらの水素水溶存量は、メーカーによっても多少が差がありますが、大体0.1〜1.0ppm程度。水は天然水を利用しているメーカーが多いです。

 

水素自体には味がないので、使う水によって口当たりが違います。

 

アルミ缶やアルミパウチ型の水素水の一番のメリットは手軽さ。封を開けてすぐに飲めるので、簡単に水素を補給することができます。

 

ただし、まだまだ値段は割高。これが最大のデメリットかもしれません。

 

単価的には、1個200円〜500円ほどかかり、1人、毎日1個飲んだとして1カ月分に換算すると、安くても6,000円、高いものだと15,000円ほどかかります。

 

そして、もう1つのデメリットが開封後は飲みきる必要があるということ。

 

工場で製造が終わった段階から、水素は徐々に抜け始めるのですが、手元に来て、それから封を開けた時点では大量に水素が抜けるので、飲み残さず、すぐに一気に飲んだほうが水素を効率よくとりいれることができます。

 

それからもう1つ、まだ取扱店が少ないため、今、水素水を飲みたいと思ってもすぐに手に入りません。

 

ちなみに、私は東京都に住んでいますが、近所の55,6軒のドラッグストアにパウチ型の水素水が置いていないか探して歩きましたが、見つけることはできませんでした。

 

最終的に見つけたのはスーパーの成城石井で、そこには2種類のアルミパウチ型水素水が置いてありました。

 

店に並んで手に取った状態で、製造日からどのくらいたっているかで水素溶存量が違うので、製造日をしっかりチェックする必要があります。大体、製造日から3〜4カ月以内であれば、比較的水素の濃度は保たれていると言われています。

 

現在、日本全国にどのぐらいの取扱店があるかは分かりませんが、今のところ、ネット通販が一番手っ取り早く手に入れることができるように思います。

 

こちらに通販で手に入るアルミパウチ型の紹介していますので、価格や水素濃度を比較してみてください。
>>水素水おすすめランキング

 

水素発生スティック

これはペットボトルなどの容器に入れた水に、金属マグネシウムやアルミニウムなどが内蔵されたスティックを入れて、水素水を生成するものです。

 

価格もお手頃で、ドラッグストアなどでも手に入ります。作り置きする手間もありますが、使い回しもできるのでコスパ的にも優秀です。

 

ただデメリットを挙げると、この方法で水素ガスを発生させても、水温など環境に左右されるので常に溶存量が不安定なこと。水に溶け込む量が微量で一定していないので、安定的に水素を補給するのが難しいかと思われます。

 

もう1つのデメリットは金属イオンを摂取するリスクがあるということ。発生剤の成分が水に溶け出してしまい、これらが体内に蓄積されていくと、健康を害する恐れもあると言われています。

 

3つの種類の中でいけば、私としては一番おすすめできないタイプかもしれません。

 

水素水サーバー

家庭で水素水を生成することができるのがこのタイプです。最近、CMなどでも目にする機会が増えました。

 

水素水サーバーにも、生成方式が幾つかあり、電気分解方式、そしてスティックタイプと同様のマグネシウム反応方式、最近では電気分解方式やマグネシウム反応方式で発生させた水素ガスを水の中に充填するタイプも登場しました。ガス充填方式、または気体過飽和方式とうたわれている水素水サーバーがこのタイプです。

 

電気分解方式の水素水は水質がアルカリ性に偏ること、マグネシウム反応方式は、スティックタイプと同様に金属イオン摂取のリスクがあることがデメリットとして挙げられます。

 

水素水サーバーが家にあると、家庭で飲みたいときにすぐ水素水を飲め、毎日、安定的に水素を摂取できますが、機械本体の価格、交換カートリッジの価格が高いというのが最大の難点。

 

また値段が高い割に水素濃度が低いという粗悪品も中にはあるので、しっかり見極めて安心できるお店やメーカーで購入することが大切です。

 

 

 

 

 


手頃に効率よく水素を摂取するなら、アルミパウチ型の水素水がおすすめ。

こちらでは信頼のおけるメーカーから販売されている、0.1ppm以上の高濃度水素水をランキングでご紹介しています。

味もおいしくて飲みやすいものを厳選しているので、ぜひ参考にしてください!

水素水おすすめランキング

関連ページ

水素水とは
そもそも水素水ってどんな水?なぜこんなに注目を集めているのか、どんな効果があるの?と疑問をお持ちの方に、水素水とは何かをわかりやすく説明しています。
水素水の効果的な飲み方
水素水は一体どんなときに、そしてどの程度の量を飲めば効果があるのでしょうか。